地球温暖化 これからますます温暖化が進むのでしょうか

地球温暖化 これからますます温暖化が進むのでしょうか。通説の温暖化CO2原因説は1980年代に科学的知見を無視して政治的に主流となったものであり、間違っていますから、今後、CO2濃度が上昇しても、温暖化が進むことはありません。これからますます温暖化が進むのでしょうか 末恐ろしい 地球温暖化に対して。世界中の人にとっての大きな問題である地球温暖化。いま。世界ではどんな
取り組みが進んでいるのでしょうか?最新の情報を知り。私たちにできることを
考えてみます。人間社会への影響。温暖化によって。人間社会はどのような影響を受けるのでしょうか?農業。水
資源。健康。生活温暖化がさらに進むと。品質の劣化がさらに進む一方。栽培
の適地が北へシフトすると予測されます。たとえば。リンゴの主地球温暖化。これまでに経験したことがない豪雨や強大な台風の発生頻度が増加するなど。
地球温暖化が加速しています。このまま地球温暖化が進むとどうなるのか。対策
強化が必要な理由を。市民向け講演経験が豊富な講師に解説いただきました。
では。地球温暖化の具体的な対策とは。どういったものが挙げられるでしょうか
。年。パリでは「地球温暖化のよりも。これからの年間でどれだけ
効果的な具体策を実施し。削減するかが重要です」と講師は指摘します。

地球温暖化はなぜ起こるの。電気。エネルギー。自然科学など様々なテーマを。分かりやすく紹介しています
。本やテレビなどで。「地球温暖化ちきゅうおんだんか」ということばを
聞いたことがあるかな?熱を「温室効果おんしつこうかガス」と呼ばれる
ガスがつかまえて。わたしたちが生活しやすい温度にしてくれているんだ。
それでは。いまのような状態が続くと。これから地球はどうなるのかを見てい
こう。地球温暖化が進むとどうなる。地球温暖化は。気温を上昇させるだけでなく地球全体の気候を大きく変える「
気候変動」を引き起こします。既に世界各地では実際に地球温暖化が進むと。
どのような面で。どのような影響があるのでしょうか。 つに分け

ココが知りたい地球温暖化。ということは。太陽活動の活発化が温暖化の主要な原因なのではないのでしょ
うか。温暖化はあるところまで進むと決して止められなくなると聞きました。
最新の報告書では。年後の気温上昇は~℃と予測されています
。中国やその他の多くの途上国は。これから経済発展が進み。ますます
エネルギー消費二酸化炭素の排出が増えるのではないかと思います。温暖化って何。ニュース “温暖化が進むと国の消滅や。紛争が起きる”。こんな最悪な
地球温暖化」という言葉自体はいろんなところで聞きますが。漠然としていて…
。どういう現象主にこのようなことでしょうか。 土屋解説温暖化とは。今後。地球温暖化に伴う海水温の上昇による熱膨張と氷河などの融解によって。
年までに最大上昇すると予測されています。 北極海の海氷。海の酸性
化も進む 第次評価報告書では。ほかにも北極海の

通説の温暖化CO2原因説は1980年代に科学的知見を無視して政治的に主流となったものであり、間違っていますから、今後、CO2濃度が上昇しても、温暖化が進むことはありません。2000年までの温暖化は1000年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期による自然現象です。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、なんと0.98です。同じ期間のCO2と気温の相関係数は0.66でした。太陽活動による1000年周期、200年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動しています。2030年頃に太陽活動が200年ぶりにダルトン極小期並みに大きく低下するため、15年遅れで2045年頃には1850年以前のような小氷期に入って1~2度寒冷化する見込みです。2100年の気温は1870年頃と同じ位になります。CO2濃度の上昇が赤外線の吸収を増やし、温室効果を高めると実験で立証した科学者はいまだかつていません。一方、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えないし、温室効果も高まらないことを実験で立証した科学者はいます。CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルです。チンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。ワート著「温暖化の発見とは何か」の15ページに書かれているように、 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はある科学者の実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート?オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。CO2濃度が倍増してもCO2の赤外線吸収の波長域の幅は変わりませんから、赤外線の吸収は変わりません。「地球温暖化懐疑論批判」では、CO2濃度を高めると、CO2の赤外線吸収の波長域の幅が広がるから、赤外線吸収が増えて温暖化するとしている図が載っています。しかし、これは非現実的なまでにケタ違いにCO2濃度を高めた場合の結論で、現実におこりうる2倍に濃度を高めた場合の結論ではありません。CO2赤外線吸収飽和論を論破するものとして説明していますが、定性的な話を定量的な話にも当てはまるかのように話をすり替えた素人だましです。CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。温暖化CO2原因説では、CO2濃度が高まると、地表から出た赤外線の吸収が増えて、地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても、放射冷却を減らせません。CO2の遠赤外線吸収波長の14~16μmの地球放射は全部CO2に吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。従って、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化は物理的に不可能です。大気の窓大気通過後の放射スペクトル分布図3.5 大気放射のスペクトルCO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した遠赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。CO2に温室効果はありますが、既に温室効果を100%発揮済で、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地がないことを温暖化CO2説支持者は理解していません。はい、ほぼ確実に温暖化しますね。あと15億年もすれば、太陽活動の活発化、地球の表面温度は300度を超えますね、。地球で生命は存在できなくなります。そうやねえ、やってることがトロいんじゃ?、この腐れ大人らめ?!辞めてまえ?、カスどもめ。って、国連で、言われてますからねえ。正しいんやと思いますよ。IPCCの計算でも、早くに取り組まないほど、オーバーシュートのツケは大きくなるって結果が出てますから。怖い怖い。恐ろしき、ゆゆしきこと、愚行ですね。茹でガエルは、気づかないうちに、茹で上がるんです。煙草の税金をチョットずつ上げるんとはチャウねんぞ?!もう確実に進んでいますよ。南極の氷は激減していますし、北極海では氷が少なくなったため、貿易航路になろうとしています。ヨーロッパアルプス、ヒマラヤ、アンデスの氷河は後退してしまって、悲惨な状態になっています。日本だって豪雨が頻発し『これま経験したことのない降水量』とか言っていますよね。巨大台風も来ました。気象庁の出している日本近海の海面温度の分布図を見ると一目瞭然です。貴方の言う通り『末恐ろしい』ことになります。→今後、近未来の時代2020年~2055年?付近は、マウンダー極小期に似た寒冷気候時代というのが合ってるでしょうね!理由は、排出CO2要因でと言うモデル仮説が敗北状態に成ってるのだからですよ!世間の流布する新聞テレビ?情報は全滅状態なのですよ!

  • 恋人が欲しい 社会人なって現在お付き合いてる恋人の馴れ初
  • 年末調整まとめ そういった場合中身わかりやすくするためよ
  • 電気のおはなし 写真のおり電源200Vで電線いき?かえり
  • 新型コロナは正しく恐れて まだ4日くらいかすぎてないので
  • 三角形の辺の長さ三角測量 45°以下の三角比の表用いて下
  • Posted in スポーツTagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です