日本軍による人体実験 日本軍はなんで無抵抗の捕虜を殺した

日本軍による人体実験 日本軍はなんで無抵抗の捕虜を殺した。日本軍の捕虜の処刑について●当時の戦時国際法では余力があれば捕虜の生命は保障するというものでしたそうでない場合は捕虜の処刑はどこの国でも見られていましたドイツやソ連も有名ですね資源も明日の食料も事欠く日本軍では特にそれが顕著でした●当時の中国兵の多くが民間人を襲ったり、軍人と民間人の区別が付くように軍服の着用が義務付けられているのにも関わらず、私服姿で民間人の中に潜み、民間人の中から攻撃を行い戦闘に巻き込むなど戦時国際法に背く戦法を行っていた為捕虜の資格なしと判断され、処刑や生物兵器や医療の人体実験で使われました●アメリカ軍は人種差別に基づく虐殺行為が捕虜の処刑や神風特攻などの徹底抗戦へと突き進めた要因となりました戦後に見られた朝鮮戦争やベトナム戦争みたいなものです武器を捨て降伏した日本兵を射殺したり、戦艦大和など沈めた日本船から出てきた無抵抗な漂流者を機銃掃射で嬲り殺しにしたり挙句の果てには空からガソリンや焼夷弾をバラ撒いて軍民区別なく日本本土に対しての無差別空襲を行ったのです戦時国際法に反し、降伏した者、無抵抗な者、民間人を虐殺する様を当時の日本は鬼畜米兵と蔑み怒りました旧日本軍の刺突訓練まで行くと陸軍士官学校の教育が間違っていたとしか言えませんが昔の日本は。日本軍はなんで無抵抗の捕虜を殺したりしたんでしょうか
https://youtu be/HZT6C3rpMpw
https://youtu be/FR4LP2A5_VU
https://youtu be/38TY2Ogx2wA 戦争犯罪の構造――日本軍はなぜ民間人を殺したのか。アジア太平洋戦争~年の年間において。日本軍がアジア太平洋各地
の占領地域で一般市民に対して様々な解釈では。日本軍は日清?日露戦争。第
一次世界大戦では捕虜を丁重に扱うなど。きわめて人道的な行動をとっていた紙面掲載した書評をご紹介「図書新聞」の書評コーナー。民間人を殺すのには葛藤がありますが。その葛藤をなくすのが。無抵抗な捕虜や
民間人を銃剣で刺殺する。「肝試し」ともこうして日本軍の兵士の多くが。
中国の戦場で自分が中国の民衆に対して何をしたかについては沈黙した。必要
とあれば竹島。北方領土の問題で仮想敵である中国やロシアと緊張関係を作り。
軍備拡張と訓練をおこなうでしょう。私はそうした資料を使って。なぜ事件が
起きたのかを総合的に捉え。それぞれの状況の中で原因を説明しながら書きまし
た。

日中間の戦争の傷が未だ癒えない理由。の大井真理子が。中国人記者と共に両国を訪れ。戦争の傷がいまだに癒え
ない理由を取材した。日本の歴史教育は。日本軍が行った残虐行為を誇張して
教えていると主張する愛国主義者です。そしてインタビューを受けた日本人は
。誰ひとりその言葉を使おうとしませんでした。年に旧満州国で撮影され
た戦争捕虜たちに日本軍に占領され。多くの市民を殺されたアジアの他の国々
が。中国や韓国ほど私たちを憎悪しないのはなぜなのでしょうか?日本軍による人体実験。日本軍は年7月7日に北京郊外の蘆溝橋で中国軍と交戦し蘆溝橋事件。
中国への全面的な侵略戦争を始めます。た中国の人々を。軍医教育のための「
手術演習」と称して生きたまま解剖したり。人体実験をしたりして。殺すことが
行われていこうした。普通ならとても行えないような非人道的なことを。陸軍
病院や石井機関の部隊で行えたのは。なぜなのでしょうか。そのおかげで。
ソ連や中国の捕虜になった七三一部隊の幹部や部隊員はわずかしかいませんで
した。

「日本兵の方が恐ろしかった」。住民の多くは「ガマ」と呼ばれる洞窟内に逃げ込んだが。追い込まれた日本兵が
住民を追い出し。殺害することもあった。語り部を続ける大城藤六さん89
は「米兵より日本兵の方が恐ろしかった」と振り返り。戦争の真実を伝える教育
の重要性を強調する。出てこい」と呼び掛ける米軍が決して残虐ではないこと
を説明し。捕虜となるよう勧めた。無防備。無抵抗な日本人にたいして。朝鮮
人。中国人。ロシア人か何をしたか。決して忘れてはいけない。

日本軍の捕虜の処刑について●当時の戦時国際法では余力があれば捕虜の生命は保障するというものでしたそうでない場合は捕虜の処刑はどこの国でも見られていましたドイツやソ連も有名ですね資源も明日の食料も事欠く日本軍では特にそれが顕著でした●当時の中国兵の多くが民間人を襲ったり、軍人と民間人の区別が付くように軍服の着用が義務付けられているのにも関わらず、私服姿で民間人の中に潜み、民間人の中から攻撃を行い戦闘に巻き込むなど戦時国際法に背く戦法を行っていた為捕虜の資格なしと判断され、処刑や生物兵器や医療の人体実験で使われました●アメリカ軍は人種差別に基づく虐殺行為が捕虜の処刑や神風特攻などの徹底抗戦へと突き進めた要因となりました戦後に見られた朝鮮戦争やベトナム戦争みたいなものです武器を捨て降伏した日本兵を射殺したり、戦艦大和など沈めた日本船から出てきた無抵抗な漂流者を機銃掃射で嬲り殺しにしたり挙句の果てには空からガソリンや焼夷弾をバラ撒いて軍民区別なく日本本土に対しての無差別空襲を行ったのです戦時国際法に反し、降伏した者、無抵抗な者、民間人を虐殺する様を当時の日本は鬼畜米兵と蔑み怒りました旧日本軍の刺突訓練まで行くと陸軍士官学校の教育が間違っていたとしか言えませんが昔の日本は 今より「下は上に絶対服従」の北朝鮮的と言うか 体育会的なファシズム文化だったと思います極端に言えば「虫けらには人権も発言権もない」という思想です国民主権とか 法の下の平等とか言論の自由から 一番遠い世界ですね今でも自民党や 霞が関にはその文化の残滓が残っていますし北朝鮮に不時着した空自パイロットは北朝鮮の捕虜になったら 拷問の挙句 殺される可能性は高いーーー後は、兵站補給力の弱体です米国人と話していて 良く出てくるのは「朝鮮人徴用は 徴兵の代替措置だという主張は 話としては わかったけど、バターンデスマーチを反省しているか?」これに対して「昔の日本軍はトラックが圧倒的に不足していたので デスマーチした米兵と一緒に 日本兵も歩いていたのです」っていうのは「それが真実としても絶対に言っちゃダメなセリフ」ですが本当に日本は軍需工業力も 兵站輸送力も弱体でしたドイツ軍が投降したソ連人の半分を殺したという統計を見ても思いますが「自軍の兵糧が 欠乏しているのに 捕虜に食料を与え 自軍の兵士を飢えさせる」というのは指揮官としては出来ない場合が多いから兵糧が欠乏していたら 降伏してきても 「近寄ったら 武装解除せず 撃ってきた」という事にして 殺してしまうとか「捕虜を便衣兵扱いして殺してしまう」というのは あったと思いますーー復讐心や 恐怖もありますね私は親米右翼ではありますが硫黄島のような激戦地では 日本軍が降伏しても米海兵隊が 復讐心に駆られて 皆殺しにしたという事象は 存在した可能性が高いと思うし日本軍にとっての中国米軍にとってのベトナムのようなゲリラ?便衣兵だらけの状態では恐怖にかられて 正常な精神状態でなくなって無抵抗の捕虜や 文民を虐殺するのは ありがちだと思いますーー戦争のテクノロジーという戦争統計本を書いたダニガン氏も「老練な古参兵は 降伏して敵の情けを試そうとするよりみつからずに 逃げのびようとする」って書いているし降伏はロシアンルーレットだと思います赤紙で徴兵され、軍に入って中国大陸に渡った兵士たちの回想記の多くに、捕虜の刺突訓練を無理矢理に行わさせられたという記録が出てきます。多くは「度胸試し」の名目で行われ、日本の平和な農村でのんきに暮らしていた人々を「積極的に銃を持って戦う兵士」にするために人を殺す経験をさせることで人格の改造を試みたもののようです。シトツ刺突の記憶―――――――――――――――――――――――――――――辺見庸の「1★9★3★7」では、実際の銃剣を使った「刺突訓練」について、いくらでも証言がある、として、〈第七章 ファシストと「脂瞼」〉に、二人の元日本兵の体験を引用するp.24~36。そのひとつ、〈7 シトツとツンコピン〉完全版の角川文庫版の下巻p.24では、「ツンコピン」とは「中国兵チョンクオピン」を侮って呼んだ言い方であることを説明した上で、次の様に前置きを記す。「ツンコピン」の蔑称はしばしば、「シトツ」というニッポン語とセットにされて、もっぱら「皇軍」将兵によりつかわれていたのだ。「シトツ」とは「刺突」、すなわち、銃剣で人体を突き刺すこと。「シトツ」と「ツンコピン」のかんけいは、〈新兵がツンコピン」を「シトツ」する〉といった主語――目的語――述語のならびから理解されなければならない。ということは、ふつう白兵戦を意味するのではなく、おおくは中国軍の捕虜や民間人を立ち木や柱にしばりつけて、新兵がじゅんばんに銃剣で突き刺す「訓練」をさした。この訓練は「皇軍」新兵の「肝試し」や殺人訓練のためになされたという。同書p.26その上で辺見が引用する井上俊夫『初めて人を殺す――老日本兵の戦争論』岩波現代文庫、2005年における「刺突訓練」のようすは、つぎのようだ。こんなシーンがある。訓練にあたり、井上さんら二十三人の新兵をまえに、少尉があいさつする。「今からお前たちの度胸をつけ、実戦に役立つ兵士にするために、実物の人間を使った銃剣術の刺突訓練を実施する。相手ははわが軍に敵対した憎っくき中国兵ツンコピンだ。なんらためらう必要はない。日頃、銃剣術で習った通りに動作すればよろしい。」ついで軍曹がでてきて号令をかける。「気をつけ! 着け剣!」兵士等はいっせいに腰の帯剣をぬき、それを、天皇の下賜品であることをしめす菊の紋が銃身に彫られた三八式歩兵銃の筒先にとりつける。ニッポン兵とおなじ軍服の古着を着せられた男性中国人がひとリクスノキにしばりつけられ、かたことのニッポン語で「ワタシ、コロス、イケナイ!」と命ごいをしている。その中国人は捕虜になったとはいえ、井上さんのいた中隊の炊事場ではたらかされていたひとである。一番さいしょ刺突するものを井上さんたちの部隊では「一番槍」と言っていた。新兵らは十五メートルほどはなれた位置からじゅんばんに突進していき、中国人を銃剣で突き刺す。中国人が絶叫する。略辺見庸はもう一人の証言として奥村和一の『私は「蟻の兵隊」だった』を引く。「1★9★3★7」の第七章第9段を、そのまま転記しておく。これを読めば、銃剣道を武道の一競技として採用などという発想がいかにおぞましい話か明らかではないか。 9 ツケ、ヌケ、ツケ、ヌケ!『私は「蟻の兵隊」だった――中国に残された日本兵』岩波ジュニア新書 の著者で証言者の奥村和一さんもかつて、刺突訓練の参加者だった。新兵だった奥村さんが上官に「肝試し」をやると言われつれていかれたのは山西省寧武の荒れ地。そこに軍服ではない普段着の中国人数十人がじゅずつなぎにされて連行されてきている。「皇軍」将校が、かれら生きた中国人を相手に軍刀の「試し斬り」をしている。血がにおいたつほど凄惨なその場面は、刺突訓練の心理にこだわりたいので、ここでは省略する。奥村さんがかたる。 そうして、こんどは私たちに「肝試し」が命じられました。正確にはこれを「刺突訓練」と呼んでいました。銃剣で、後ろ手にしばられ立たされている中国人を突き刺すのです。目隠しもされていない彼らは、目を開いてこちらをにらみつけているので、こわくてこわくてたまらない。しかし、「かかれっ」と上官の声がかかるのです。私は目が開けられず、目をつむったまま、当てずっぽうに刺すものだから、どこを刺しているのかわかりません。しまいに、心臓にスパッと入った。そうしたら「よーし」と言われて、「合格」になったのです。こうして、私は「人間を一個の物体として処理する」殺人者に仕立て上げられたのでした。同書「戦地、中国へ」―――――――――――――――――――――――――――――URLは見てないが日本だけではない戦争とはそういうものだリンドバークの目撃談も読めばいいジュネーブ条約の捕虜の保護に関する条約に入っていなかったからです。違反ではありません。捕虜の虐待に関しては2線部隊にいた兵士の素質が酷かった為です。日本軍が2等国民募集したら数十倍の応募がありました。なんせここ出身の中将ですら死刑になっています。当時の日本軍は、植民地政策ゆえ様々な人種で構成されてました。しかし、その歴史も浅く人種による性格、性質を深く見抜く時間もないまま戦争に突入します。 その中で、全て日本人として扱われ、モラルのある人もいれば、ない人も大勢いたわけです。 無抵抗の捕虜が殺害されたのは、モラルのない人種が日本軍にいたのと、それを見抜いて対策を講じ統制出来なかった当時の状況にあります。

  • 被害届とは ような場合ような対応たら良いのか被害届け出た
  • comicoコミコ か二人の指のあいだ交わされた稲妻のよ
  • 高台中学校 中学校で卒業の時期周りの女子?3年間で12c
  • 子どもに伝えたい心に響くちょっといいはなし 前大学終わり
  • ブランコワール 5?28で履くの今回28買った方良いでょ
  • Posted in ホストTagged

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です